入れ歯・義歯|東戸塚駅徒歩5分の森山歯科医院

東戸塚の森山歯科医院

0458255454
予約優先

入れ歯・義歯

入れ歯とは、失った歯の機能を取り戻すための装置です。歯の機能を補完する治療には入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがありますが、入れ歯はその中でも身体に対しての負担が少ない治療方法です。入れ歯といっても様々な種類があります。当院では、患者さまのお口の状態やご要望に応じてご提案させていただきます。

プラスチックの入れ歯

プラスチックの入れ歯

保険でできるプラスチック製の入れ歯です。保険のため安価で作製でき、修理も簡単です。厚みがあるため、違和感を覚える方も多くいらっしゃいます。また、プラスチックのため、耐久面では他の入れ歯に劣ります。

金属の入れ歯

金属の入れ歯

自費治療になる金属の入れ歯です。プラスチックに比べて薄く丈夫に作られており、違和感が少なく耐久性にも優れています。また、金属のため食べ物の冷たい・温かいなどの温度を感じることができるため、食事を楽しむことができます。金属製ですが、金属アレルギーの原因になる物質は含まれておりませんので、健康面においても安心してご利用いただけます。

バネのない入れ歯(ノンスクラプデンチャー)

バネのない入れ歯(ノンスクラプデンチャー)

自費治療になる部分入れ歯です。部分入れ歯の場合、通常は隣の歯に金属製のバネをひっかけることで義歯を固定させます。しかし、バネが目立つため入れ歯を装着していると分かりやすいことと、バネにより隣の歯に負担がかかり大きな違和感を覚えることもありました。そこで登場したのが、バネのない入れ歯「ノンスクラプデンチャー」です。

ノンスクラプデンチャーは、入れ歯を装着しているかどうか、ぱっと見ただけでは分かりません。また、素材が非常に薄いため、装着した時の違和感も少なめです。

部分入れ歯のみの適用にはなりますが、身体への負担も少ないため、お薦めです。

バネの白い入れ歯(ホワイトアセタルデンチャー)

バネの白い入れ歯(ホワイトアセタルデンチャー)

自費治療になる部分入れ歯です。隣の歯にひっかける部分が目立ちにくいよう白い樹脂でできた入れ歯です。ノンクラスプデンチャーと同じく、見た目には入れ歯を装着していることが分かりにくいのが大きなメリットです。金属アレルギーがある方にもお薦めです。

ノンクラスプデンチャーと比べると耐久性に優れていますが、バネがある分全く見えないわけではありません。どちらをご利用されるかは、患者さまと相談しながら決めていきます。

ページトップへ